【12月末まで期間限定】プロ通訳者が自然で美しいい英語を保つために愛用しているツール

「気のせい?日本で英語を話ているとだんだん舌が重くなる。」
気のせいではありません。

ご存知でしたか?
日本で英語を使っている限り、英語も、
日本の自然環境の影響を受けて
日本語的になるのです。

私も20年ほど前、教員時代に同じ体験をして不思議に思いました。
5時間授業をしていた日、朝はクリアーだった英語が
夕方には舌がもつれるよう。

やがて出会った答えは、聴覚発声トレーニングのパイオニア、
耳鼻咽喉外科医のアルフレッド・トマティス博士による
「言語は地域ごとに優先周波数帯が異なる」という発見。

言語の周波数分布。日本語は載っていませんが左の低周波、母音が豊かです。

英語圏(主に英国)は日本より湿度が低く、建物は石造りが主です。
一方日本は湿っぽく、木造の家で、畳や障子を使います。

こうなると英語圏と日本語圏では空気の音に対する
インピーダンス(邪魔の仕方)が異なり、
日本では柔らかい音、英語圏ではクリアーで高い音が通りやすくなります。
人は身体でそれぞれの故郷に響きやすい音を選んで
コミュニケーションに使ってきたのです。
の差異はリズムと意味の決め手となる子音の出だしで顕著です。

このため、日本で英語を使えば、
日本中で乾燥器をかけない限り
おのずと日本の空気のインピーダンスに影響されます。

そこで通訳者が愛用しているのが
骨導マイク付きヘッドフォン「プロナウンス」

私も通訳者として愛用、通訳道場でも導入しています。

特殊フィルターが母音・低周波寄りになりがちな日本人の英語を「除湿」。
からりとクリアーな子音を保ちます。
プロナウンスをつけて1日5分も音読やリピートをすれば、
日本にいてもキレイで聴きとりやすい
英語を保つことができます。

高周波のおかげで集中力、記憶力も向上します。

食品の安全のためにFDAのエキスパートをお招きした学会での通訳です。

これまでは十分フォローできない方におすすめするのは無責任と考え、
道場の外への販売は控えていました。
それでも道場メンバーとご縁のある英語の先生方から
「生徒たちのためにもまず自分の英語を磨きたい。
プロ通訳が使うものを分けてほしい。」
というご要望をたびたび頂いていました。

そこで、安全にお使いいただくための理論と
練習方法を収録したDVDを作りました。

さらにフォローの一環としてご購入の先生方を
通訳道場★横浜CATSが提供するセミナー
(通訳養成・外国語学習の科学関連)に1回ご招待します。

トマティス博士の理論に基づくプロナウンス
スピーカー 骨導デュアルサスペンション
感度 100±3dB
連続再生 6時間(1日5-10分で3週間持ちます)
充電所要時間 15分間
重量 50g
梱包サイズ 185×155×63

プロナウンス1台+練習方法DVD+セミナーご招待
1セット 27000円(税・送料込み)

なお、教室、学校全体での導入をご検討の先生には
「まとめ割引」もございます。
お問合せください。

ご不明の点はお気軽にお問合せください。

Pin It on Pinterest