「knifeのKはなぜ読まないのに書くのですか」(フェリス女学院大)

いいですねえ。ものごとには由来と理由がある。
それを調べるのに検索バカになってはいけません。
先生としてはOxford English Dictionaryを紹介する責任を感じます。

 

英語関係の仕事をしていてOEDを知らなかったらモグリですよ。

 

 

 

 

 

 

 

昔はクニーフ、クニーフェとKを発音していたころもありました。

でも、交差点みたいなイギリスは音声の変化が速い。
でも一本裏通りに入ったような(失礼)オランダ、ドイツはそうでもないでしょう?
みなさん、ご存知ですよ。

いずれにしても、音声のすべてを文字にとどめることはできません。

だから、ぜひ豊かな音声体験をしてほしいのです。

耳と心に英国の愛するプロのストーリーテリング【バイリンガルCDセット】はこちらをクリック

close

Pin It on Pinterest