なぜ通訳希望者に俳句を?

通訳道場では参加者のみなさんに日本語・英語のの古典と呼べる口承文芸の暗誦をおすすめしています。

特におすすめしているのは俳句。なぜ?

だって、よくある通訳口調、耐えがたいでしょう?

「~というものが」「しかしながら」「~なのであります」

自分でもあんなふうには話さないのに、通訳の時だけそうなる。

スピーカーも自分の言語ではそんなふうに話したつもりがない。

なら、そんなふうに通訳する理由はありません!

「古池や 蛙飛び込む 水の音」

通訳ふうにしてごらん。podcastでやってみましたけど、おかしいですよ。

こんな語りがまかりとおっているんです。

そんなふうになる理由はふたつ。

通訳道場では許しません。

おすすめは高浜虚子の「俳句の作りよう」

通訳道場★横浜CATS

close

Pin It on Pinterest