ホリスティックな学びはまるで〇〇〇?!

こんにちは。通訳藝術道場の冠木友紀子です。
冬らしい寒い日が続きますね。

この冬は地元のとても居心地の良いカフェ、きっちんぴいすさんでクリスマスの歌(讃美歌)を英語で歌う会を開きました。

採り上げたのは、「O Little Town of Bethlehem」。

数日後、オーナーさんにお目にかかると、「振り返るとなんだか不思議な余韻…」とおっしゃるのです。

室内、、「甲宇和司 税위) O little town of Bethlehem How still we see thee lie! Above thy sleep Thesilent stars go by. Yet inthy streets shineth dark The Thehopes evertasting Light; and tearsof Aremetitthee all the tontght years」というテキストの画像のようです

英語のリズムを体感するワークはあった。でも、英語をうまくしゃべることを目的としているわけではなかった。英語の歴史、語源にもふれたけれど英語の勉強ではなかった。英語で歌うヒントも示されたけれど、音楽の授業ではなかった。なんと呼べばよいのか…

自分でも思いがけない言葉が飛び出しました。

「赤ちゃんのお世話をする感覚なんです。」

はるか昔、妹の子守りをしていたときのことを思い出しました。

赤ちゃんをお世話する人は、赤ちゃんのすべてを見るでしょう。

おむつを替えるとき、お風呂に入れるとき、ごはんを食べさせるとき、皮膚だけ、ごきげんだけ、食べる量だけ見ているわけではない。表から裏からひっくりかえして、赤ちゃんのすべてを確かめたい、見たいでしょう。

赤ちゃんも、歌も、ひとつの枠に居着くと「出会えない」気がするのです。

確かに、一時的にひとつの枠に注目する効用もあります。
ただ、そこで止まっていては残念。やがてそれをどう自分の武器として利用してやろうか、なんてことばかり気になったりはしませんか(テストでいい点を取ることしか考えないとか)。

赤ちゃんをお世話するときに、子守りの姉が第一に自分のメリットを考えるでしょうか(まあ、父母の顔色を窺うこともあるでしょうが)。赤ちゃんに無心に尽くす。だって、自分のことなんかかまっている余裕はないから。それに赤ちゃんが無垢な信頼で応える。赤ちゃんの信頼を勝ち取るために世話をするのではありません。

そんな関わりが、学びにあってもいいと思うのです。

きっと、私はずっとそうだったのです。それが、リベラル・アーツの学び、ホリスティックな学びだと思っています。

試験勉強にはあまり興味がわきませんでしたが、損をしたとは思っていません。後悔もしていません。

通訳の準備もそんな気持ちでしています。

時代遅れかもしれません。

でも、世の中が赤ちゃんだらけに見えたら、何かが変わる気がするのです。

(もっか、文中の「赤ちゃん」を「猫」に置き換えたような暮らしです…。)

自分の専門分野できちんと通訳するための準備をしたい方に自信をもっておすすめします。あのProgress in English 旧版6年分を1年半で俯瞰し「哲学」するハイブリッド講座です。
【プレ通訳道場★英語の土台徹底リノベwith Progress in English講座】

close

Pin It on Pinterest