「なんで小中高で全員英語やるの?」(橘高校⑭)

うーん、これは修辞疑問文ですな。

平たく言えば、見かけは疑問文で中身は否定文。小中高で全員で英語やることありません!てことですね。

私もその考えに賛成です。

何かを学ぶとはそれまでの自分を脱皮すること。脱皮は楽じゃない。立川志の春さんに伺った落語の修行も大変厳しいものでした。そんな厳しい道のりを辿り続けられるのは自分を捧げると決めた道だから。

外国語の学びもそうあってほしい。自分で選ぶ、自分に向き合い、捧げる。

でも英語の授業が明日からなくなるわけではないので…おすすめを2つ。ごくあたりまえなことですが。

「授業」以外の時間、自分でちゃんと活かしていますか?

2月10日 子どもの英語が心配なママのための不安一掃セミナー
まず、気がかりなことすべてお聞かせください。

close

Pin It on Pinterest