「英語が話せるようになるために中学受験は必要?」

私立の中学で出会った英語の先生がすてきで、憧れのうちに学ぶとも思わず夢中で学んでいた。それってとても幸せな学生生活ですね。

さて「それなら子どもも私学に入れよう。やっぱり英語が話せるようになってほしいので。」という考えは成り立つのでしょうか。

成り立つとしても、子どもには内緒にしておいたほうがよい気がします。

裏の畑でポチが鳴く。正直爺さん掘ったれば…

正直爺さんはどんな心境で掘ったのでしょう。「下心フリー」だったのではないでしょうか。

正直爺さん、憧れのうちに学ぶ者はカイロスを生きる。
いじわる爺さん、目標限定型はクロノスにとどまる。

あ、カイロスとクロノス?これまた別稿にて。

 

close

Pin It on Pinterest