「何歳のとき通訳の道を決めたのですか?」(橘高校④)

あけましておめでとうございます。新年初の道場ラヂヲ。今年もおつきあいのほどよろしくお願いいたします。

さて、橘高校1年生の方お2人のご質問。
「何歳のとき通訳の道を決めたのですか?」

内耳の外有毛細胞になっているところ。ノンバーバル(文字化不能)の部分も聴きとります。

要するに通訳と言う道のゲートが閉まるのはいつか、ということかしら。

よく聞きますよね、30歳までに通訳技術はマスターしないとそのあと伸びないって。こういう「~しないとまずいことになる」的なアドバイスはまず本当に自分と関係あるかよく考えた方がいいかもね。

一生の仕事を18歳、22歳で全員決める、なんてここ数十年のことです。ひとりひとり、扉が開くときは違っていい。その呼び声はあなたにしか聞こえない。心の耳をすましていてください。

なんて今だから言いますが、開いた扉にたどり着いた私は心の底からぼろぼろでした。そのころのこと、正直に話してみました。お正月からお耳汚しで恐れ入ります。

通訳の先生が語学の科学で不安なママを煽りから守ります。
2月10日 子どもの英語が心配なママのための不安一掃セミナー