「日常英会話くらいできるようになりたい」がダメな理由

エキスパート通訳トレーナーの冠木友紀子です。

「日常英会話くらいできるようになりたい。」そんな声を聞くたび、あーあ、と思います。それ、考え直した方がいいです。

理由は2つ。

1つめ。なんだ、その「ーくらい」っていうのは。学ぶ対象を見くびるとろくなことになりません。英語は音響・生理的にも日本語から遠い。甘く見るとみっともないことになります。

まあ、イギリス人がこぞって「日本語くらい話せなくっちゃ」と言い出したらちょっと感心しますが。

2つめ。日常なんてありません。毎日が新鮮で多様。

本当に共通する日常なんてわずか。そこはポケトークに任せればよろしい。あなたの日常は、他人にとってはシュールな非日常。他人の日常はあなたには非常識な非日常。ましてや、あなたとって「ちょっと変わったできごと」は他人にはもはや事件。

sliced boiled egg on white plate
Photo by Mona Sabha Cabrera on Pexels.com

たとえば…大学生からきいた「日常の小さなできごと」は…
「バイト先でお盆に飲み物を沢山のせてお客さんのところまで運んだはいいが、お客さんのひざ(lap)にぶちまけてしまった。店長が謝ってくれて、お客さんは怒らなかったけれど…」

(ええー!怒らなかった?お客さんは何をはいて帰ったの???)

自宅からオンラインの学生は…
「今、うちがひどい匂い。お昼に電子レンジでゆで卵を作ったらとてもおいしくて、もうひとつ作ろうとしたのだけれど、アルミを巻くのを忘れたら大爆発。硫黄温泉の匂いです。17時に母が帰ってくる前に掃除しないと。」

(電子レンジにアルミでゆでたまご????)

これ、すべて大学の授業のウォーミングアップできいたお話です。毎週毎週、こんなとんでもない日常を互いに聴いては日英通訳します。

衝撃のあまり通訳がなかなか始まらないことも…。

学生の通訳のあと、すべて私がモデル通訳します。それをみんな自主的にその場でリピーティング。メモ、録音してお土産にします。みんな真剣です。リアルな話題ですから。もう、ウォーミングアップだけでどんどん伸びるんです。90分こればっかりやっていたいくらいです。来年はそうしようかな?

さて、これのいったいどこが平穏な日常?!でも、平和そのものです。めいめいに変なことやれてますから。

私も帰路は衝撃的なお話を反芻しながら思い出し笑いしてます。たぶん、学生も授業の内容よりこっちのほうを覚えていることでしょう!

オトナの通訳道場では、ここまでぶっとんだ日常はまれです。でも、同じようにお互い通訳、すべてモデル通訳しています。

他人の日常にびっくりする、集中して通訳する。誰かにいいふらかしちゃう。これ、ボケ防止になりますよ、きっと。

通訳志望者・英語講師に好評です★英語の土台徹底リノベ講座はここをクリック
あのプログレス6年分を4倍速で俯瞰、中上級者のいまさら聞けない疑問を快刀乱麻、スッキリ解決します。いつからでも参加可能です。

close

Pin It on Pinterest