法人の方

外資系企業日本法人のみなさま
海外本社とのコミュニケーションにストレスを感じてはいませんか?

  • 海外本社がメッセージビデオを英語でどんどん作る…
  • 外資だから英語で当然!というけれど……正直、いいメッセージも英語が苦手な日本人社員の心には充分届いていない…
  • 英語ができる社員に通訳、翻訳を頼んでも辛そうで、出来もいまひとつ…
  • クライアントも『日本語になっている情報が少ないですね』と…
  • 海外ゲストが来るオフィシャルイベントはプロ通訳者を外注するけれど、毎回見積もり、延長料金と事務作業も煩雑…
  • 30分のオンライン会議の通訳をプロに依頼したら最低2時間からと2時間分の料金を請求された…

そんなお悩みを一気に解決するのは英語ができる社員2-3名のチームにプロ通訳スキル研修を提供すること。

事業をよく理解する社員がプロ通訳スキルを習得すれば、いつでも安心して通訳・翻訳を依頼し、本社、クライアントとのコミュニケーションを円滑にすることができます。通訳外注の手間と経費も要りません。

通訳道場の通訳養成トレーニングを貴社に合わせてカスタマイズ

通訳道場の法人向けプロ通訳スキル研修は、すみずみまで個別のご要望に応えます。

一般の通訳学校 通訳道場
日時  通訳学校が決定。欠席しても振替は困難。 ご都合に合わせます
会場 通訳学校 オンラインまたは貴社に講師が伺います。
教材 通訳学校が決定。時事問題が多く、御社の事業に直結しにくい。 ご要望に合わせます。貴社の資料も活用できます。守秘義務は遵守します。

講師は通訳道場主宰の冠木友紀子(プロフィールはこちら)。

従来の通訳イメージを覆す驚きの正確さと聞き心地のよさ、日本語の美しさで喜ばれています。

業界の常識破りの1日8時間×5日間連続の通訳も楽々こなすその秘訣は…

  1. 文系理系を超えたリベラルアーツ思考で世界のトレンドを俯瞰すること
  2. 通訳すればするほど元気になるトマティス聴覚発声メソッドの骨導発声で語ること
  3. 日本語の語りの稽古を続けていること

従来の通訳学校では学べないこうした秘訣も、すべてお伝えします。

お客様の声

法人の方

「クライアントに日本語で読める情報が増えたと喜ばれました。」

「以前はオフィシャルイベントは外注通訳、客先訪問は社員通訳で、後者素人っぽいイメージでした。いまは両方とも社員がプロとして上手に通訳し、客先訪問でもプロが来たと安心してもらっています。」

「英語が苦手な社員に無理やり英会話学校行かせるのをやめたら、気が楽になったようです。」

「『英語ができれば俺も活躍できる』と勘違いして半端な英語を続けていた営業の人間がいました。英語を通訳の社員に任せるようになり、そもそも営業スキル不足が問題だと気づきいたようです。」

研修生の方

「参加してすぐに同僚たちから『通訳が丁寧になったね』と言われました。自己流のころ、大変だったのも無理ありません。」

「言葉の世界の奥深さ、耳・声の素晴らしい仕組みに感動しました。通訳すること自体が楽しみです。」

「長い会議も通訳練習の機会にしています。」(これは…?!)

「社員としての専門を保ちながら、全社で通訳者としても認定され、株が上がりました。」

「骨の響きにポイントをおいたら、周りの話を優しい気持ちで聞けるようになりました。」

まずはご要望をお聞かせください。

レッスンはZoomミーティング、オンデマンドビデオ、対面を柔軟に組み合わせます。

また、差し支えない限り、研修生には講師の通訳現場にご招待し、講師も研修生の通訳現場に出向き、アドバイスします。

まずはご要望をお聞かせください。その後、ご要望に合わせた体験レッスン(2時間程度)をお試しください。

なお、研修の質を保つため、お役に立てる法人様の数には限りがあります。

ご関心がおありの法人様はお早めにご連絡下さい。


 

Pin It on Pinterest