【特別臨時講座】英訳と日英言語造形で味わう「春と修羅・序」

「私はいったい何者なのか」

「私はいったいどこから来て、どこへ行くのか」

そんな問いを抱くあなたに、宮沢賢治の世界を深く味わう1日を贈ります。

「今を生きる」を支えることばと詩のちからも、文字を読むだけでは見逃しがちです。

素晴らしい英訳作品と日英の言語造形を通して耳、声、身体で体験しましょう。

 

英語訳の水先案内人はアメリカ出身の日本文学研究者、パトリック・ヘラー先生。

日本の大学でも「翻訳で学ぶ日本文学」講座が評判です。

文学のなかに深い思潮を読み取るセンスが光ります。

 

通訳は、話芸としての通訳を探求する通訳道場主宰、冠木友紀子です。

訳した感まるでなしの語りをお楽しみください。

 

言語造形は大阪から諏訪耕志先生をお招きします。

諏訪先生の、参加者のちょっとした語りから心の在りようを聴きとり、

気づきを促す言葉かけは芸術そのものです。

三者の共働があなたの喜びにつながれば幸いです。

 

今回は特別臨時講座のため、次回の予定はありません。

また、講座の性質上、オンライン参加や録画公開も設定しせん。

この機会をお見逃しなく。

  • 日時  2020年1月13日(祝日・成人の日) 10時―17時

    • 第1部 10時―12時30分(途中休憩あり)

      講演「春と修羅 序」(英訳版)に読みとるこころの道

      講師 パトリック・ヘラー(フェリス女学院大)

      通訳 冠木友紀子(通訳道場★横浜CATS およびフェリス女学院大) 
    • 第2部 14時ー17時(途中休憩あり)

      ワークショップ「『春と修羅 序』を言語造形で生きる」


      導き手 諏訪耕志(ことばの家諏訪)
  • 会場 新横浜近辺(お申込みの方にご連絡します)
  • 参加費 18000円     通訳道場メンバー 15000円
                   午前・午後いずれかのみ 10000円
  • 定員 12名

なお、通訳道場オリジナル商品を会場限定で消費税サービスの実質1割引でご用意しています。
ストーリーテリングCD英語音声回路サポート「プロナウンス」などぜひ会場でお試しください。

特別臨時口座「春と修羅 序」お申し込みはこちらから

Pin It on Pinterest